買取価格情報

2019.01.25

オリンパス(OLYMPUS) OMD E-M10 MarkⅢを買取しました!

オリンパス(OLYMPUS) OMD E-M10 MarkⅢを買取しました!

みなさんこんにちは。
本日は、2017年9月発売のオリンパス(OLYMPUS)のミラーレスカメラ、「OMD E-M10 MarkⅢ」を買取致しました!

あらゆるカメラメーカーが現在本腰を入れて取り組んでいるミラーレス一眼カメラ。一眼レフの本格性を備えつつも、初心者でも扱いやすい機能やコンパクトなフォルムが人気を得ています。

オリンパスのミラーレスでは、「OMD」「PEN」の2シリーズに分けられますが、スタイリッシュなイメージが強い「PEN」とは異なり、OMDは全て画面上に被写体を写すことができる「EVF」を機能を内蔵。

一眼レフのようなスタイルを持つ本格的なシリーズと言えます。

中でも「E-M10 Mark III」についてはシリーズのエントリークラスのモデルとなるため、カメラ初心者やファミリーユースにおすすめと言われています。

OMDシリーズの中でもお求めやすい価格ではありますが、9万円前後とお値段も本格仕様ですので、買取にも大変強い商品となっております。

「買ったものの使用していない」
「新しいカメラに買い換えたい」

という方は、買取に出すのがおすすめです。

そこで本日は、OMDシリーズ「E-M10 MarkⅢ」の特徴や買取についてお話ししていきます。

OMDシリーズとは


オリンパスのミラーレスには「OMD」「PEN」の2種類が存在していますが、その違いは何なのでしょうか?

分かりやすくお伝えすると、

■PENシリーズ
初心者向け。デザインも可愛く女性に人気が高い。
手振れ補正機能も充実しており、扱いやすいカメラと言える。

■OMDシリーズ
PENシリーズよりも本格仕様のカメラ。
PENシリーズにはないEVF(電子ビューファインダー)を搭載し、デザインも武骨。

それぞれこのような特徴があります。

さらに「OMDシリーズ」では、以下の3つのモデルがラインナップしています。

・E-M5 Mark II(2015年2月発売)
・E-M1 Mark II(2016年12月発売)
・E-M10 Mark III(2017年9月発売)

「1シリーズ」についてはOMDの中の最上位モデルとなり、オリンパスのフラグシップ機でもあります。

さらに「5シリーズ」はOMDのミドルクラスに当てはまり、入念な防塵・防滴処理に食らえて、ロー・ハイアングルにも対応可能。1シリーズに迫るカスタマイズ性の高さでありながら、価格が1シリーズよりも大幅に抑えられているのが特徴。

今回の「10シリーズ」は、エントリーモデルの位置づけです。
画素数やカスタマイズ性は最上位モデルには及ばず、防塵・防滴も装備されていません。

しかし、5軸手ぶれ補正、4K動画、サイズも1シリーズに比べてひと回り小さくなっています。

3つのモデルの中でも、「10シリーズ」はカジュアルにカメラを楽しみたい人におすすめと言えるでしょう。

E-M10 Mark IIIの特徴


カメラの画像

E-M10 Mark IIIの魅力は、高画質な撮影が初心者でも手軽に楽しめるという点ではないでしょうか。

あらゆるシーンでの手ブレを抑える強力な5軸手ブレ補正と、タッチオートフォーカスなどの充実の機能によって、美しい写真を撮ることができます。

また、小さいお子様を撮るのにの最適なカメラとしても評価されています。

育児雑誌メディアが中心となって行われる、信頼性・トレンド性の高い製品を表彰する「第10回ペアレンティングアワード」を受賞するなど、小さいお子様を持つ親御さんに高く支持されていることが分かります。

主な昨日を以下にまとめてみました。

■5軸手ブレ補正
フラッグシップ機 E-M1 Mark IIと同じ画像処理エンジンを採用していることで、暗い所での撮影でも綺麗な画質を実現。
ボディー内全てのレンズに5軸手ブレ補正が働くため、動く被写体に発生しやすい手ブレを抑えてくれます。

さらには、4K動画も綺麗に撮れるようになっています。

■タッチパネル液晶モニター
小型軽量のボディには、直観的な操作ができるタッチパネル液晶を搭載。
見たままの映像を表示できるEVF(電子ビューファインダー)を搭載しているため、仕上がりを確認しながら撮影できます。

さらには、内蔵フラッシュを使用することで、夜景シーンでも人物の顔が暗くならずに美しく取ることができます。

■高速AF
瞬時にピントが合わせられるAFシステムを採用。
簡単操作で狙った被写体を逃さないので、お子様の運動会や発表会にも最適です。

E-M10 Mark IIIの買取について


オリンパスの本格ミラーレス一眼レフとして人気の高い「OMDシリーズ」。
3つのモデルの中ではカジュアル向けなので、お値段も比較的お手頃となっています。

2017年9月の販売価格は、ボディで78,000円ほどでダブルズームレンズ付きでも98,000円です。

販売から1年以上経過していますが、なかなか安価とは言えない価格帯であるため、中古市場での人気も高いモデルと言えます。

今回は、付属レンズ付きでの売却でしたので、買取額は39,000円となりました!
カメラは、発売日というよりも、モデルの中での人気機種に高値が付きやすくなります。

そのため、発売から1年経過しているモデルであって高額買取ができるケースも多いのが特徴。

買取に出すか検討中の方は、どれくらいで売れるのかどうか、あらかじめ相場を調べておくのも良いかもしれませんね。

買取アローズでは、査定料や手数料などが一切かかりません。
他社と買取額を比較してみたいという方も、ぜひ当社までご相談くださいませ!

また、オリンパスのミラーレス一眼のみならず、高級一眼レフの買取も積極的に行っています。

「数年前のものでも大丈夫?」

というモデルでも、精一杯頑張らせていただいます。
ぜひ買取アローズにお任せください!

買取アローズが人気の理由

業界最高クラスの高価買取!

0120-160-882

電話受付時間【9:00〜15:00 水・日曜定休】